遺言とは

「遺言」は、一般的には「ゆいごん」と読まれますが正式に言うと、法律上は「いごん」と読まれます。

法的にいうと、遺言とは被相続人の最終の意思表示のことをいうと定義されます。

最終の意思表示といってもいわゆる「遺書」のように、死の間際にした意思表示という意味ではありません。

その遺言をした人(遺言者)が、その人の死に最も時間的に近接した時点でした意思表示という意味です。死の間際である必要はありません。

被相続人の最終の意思表示とは、要するに、自分の死後に生じることになる財産の処分等の法律行為に対しても、自分の意思表示の効力を及ぼすことができるということです。

この遺言は、被相続人となる方(遺言者)が、相続による遺産の承継について、ご自身の意思を反映させるためにとることができる唯一といってよい方法です。

自分で築いてきた財産の帰趨を、ある程度、ご自身の遺志に沿った形で相続人に配分することができるというわけです。

また、遺言者の意思を遺せるというだけでなく、遺言をしておくことによって、相続人間での、不毛な骨肉の争い(いわゆる遺産争い)を予防しまたは最小限化させることができるという意味をもっています。

その意味で遺言は被相続人にとってご自身の意思に基づいて遺産の相続をしてもらえるというメリットだけでなく、後に残される相続人にとっても、無用な争いを最小限化できるというメリットもあるのです。