一般社団法人全国孤独死防止協会では、専門家による孤独死の防止や終活支援等の取り組みを行っております。

介護認定対象リフォーム工事(手摺・玄関一部・浴室一部)

目的に合わせた介護リフォーム

介護リフォームの目的は大きく3つ

1.自立した生活を送る為の介護リフォーム

被介護者が暮らしやすい家にする介護リフォームの目的の一つは、高齢者や被介護者が、できるだけ自分の力で行動できるように、現在住んでいる家を改修することです。

改修ポイントは、例えば外出・入浴・排泄といった日常生活に必要な行為をスムーズに行えるように、「段差をなくす」「滑りにくい床にする」「使いやすいトイレにする」などが挙げられます。

ある程度の自立した生活は、被介護者の活力を生み出すことにもつながります

2.介護者の負担軽減の為の介護リフォーム

介護者の負担が軽くなる家にする介護リフォームには、介護者の負担を軽くするという目的もあります。

要介護認定の区分が上がれば上がるほど、介護者には負担がかかるもの。体だけでなく、精神的な負荷もかかります。そういった負担を軽減するのが、介護リフォームです。

3.将来に備える為の介護リフォーム

将来を見据えて住みやすい家にする「将来に備えるため」というのも、介護リフォームの目的です。今は不便を感じることなく過ごしている家ですが、やがて自分も高齢者になるときがやってきます。

同居している家族の要介護度が上がる可能性もあるでしょう。高齢になってから、あるいは被介護者になってからのリフォームは何かと大変で面倒なので、そうなる前にリフォームをしておくという考え方です。

ただし、「とりあえず手摺でも付けておくか」など、計画性のない施工は失敗のもと。せっかくお金をかけたリフォームが何の役にも立たないどころか、邪魔になってしまうおそれもあります。リフォーム会社や介護の専門家に相談しながら、計画的に進めましょう。

特長・メリット
孤独死防止協会でのリフォーム

  1. 行政機関等の指定工事会社に施工してもらう為助成金等の申請も弊協会が代行致します。
  2. 市町村別に違う助成金、補助金等の申請も一括代行致します。
  3. 弊協会はリフォーム会社等ではないのでご不要な工事は一切致しません。