あなたの身寄りプラス+では、専門家による孤独死の防止や終活支援等の取り組みをワンストップで行っております。

お知らせ

2020.10.15 | スタッフブログ
家賃補助
生活保護受給 住居確保給付金 https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html 詳細は上記厚生労働省のガイドラインをご覧下さい。   最近本当に増えているのが高齢者の生活保護受給に関して弊社のサービスを使えますか?   と言うお問合せ。   答えは「勿論使えます」   生活に困窮されている状況で生活保護申請したいのだけれど自宅を所有してしまっているので行政に行ったら「売却してから来てください」と言われてしまうのが常です。   生活保護に関してはそこに住んで居たい等の個人的な事情は救ってくれないのが基本姿勢になりますが、弊社は事前に所有権の移転をさせて頂きますのでその際には賃貸借契約や、使用貸借という契約を締結する事になりますので何ら問題なく生活保護の申請をして頂く事が可能です。   グループ会社の不動産会社もありますので、そこでも対応しておりますので安心してご連絡頂ければと思います。   今は各社会福祉法人様や、医療機関等からも生活保護の方へ住宅提供もしておりますし、今後生活保護の方達が適正な、介護、医療、介助を受けながら生活していける住居を提供していく予定です。   家賃補助の申請10万件超え 支給もリーマンの2.6倍 10/15(木) 10:00配信    #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居 #生活保護 #家賃
2020.10.6 | スタッフブログ
アパート経営をされる方へ・・・
一括借り上げでの資産活用   良く地主さんや空き地なんかがある方に勧められる「アパート経営」の実態の一部が鮮明に記入されていますね(笑)   弊社にもよく高齢者の方に対して難解なアパート経営をしないかと誘われている御相談を頂きますが常に私がお伝えしている事は   「御自身で管理官と監督出来る範囲であればよろしいのでは?」と   お伝えさせて頂いております。   御自身でアパート経営をされる際に一般的な家賃相場を知っていないと「新築ご祝儀相場」がずっと続くものと考えてしまい、記事の様な事に陥る事があります。   記事にもありますが、アパート経営と言う一つの”投資”をする事になるので知識を備えていないと失敗してしまう事が多くあります。   無知の状況でFXや、株式を行う方は居ないと思いますがアパート経営に関しても同様の事が言えます。   アパート経営も勿論”投資”になるわけで資産活用もありますが資産運用と何一つ変わらないと思います。   なのでアパート経営をされる方は十分御自身で御調頂いてからの経営をお勧めいたします。   弊社グループ会社にて不動産会社もありますのでお気軽に御相談ください。   18万円のはずが…「木造アパート」不動産業者の提示額に絶句 10/6(火) 14:01配信  ​https://news.yahoo.co.jp/articles/d29547a52e304d6ca3ff53484a9d7cd12bdad20d   #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居
2020.9.14 | スタッフブログ
孤独死の現状
この記事はなかな衝撃的な記事かもしれませんが、これが今の日本の「孤独死」を取り巻いている環境です。   弊社が存在するのもこの様な事を少しでも無くしていきたいと言う切なる気持ちがあるので存在しています。   この様な事を実際に現実的に身近で起こり得ることが今の日本にはあるのです。   この様な現場に立ち会う可能性は誰にでもあります。   身近な親類や御友人、お知り合いや近隣の方でこんなにも切ない壮絶な最期を迎えてしまう事が本当にあっていいのでしょうか?   先日も千葉の方で隣にお住まいだった方が孤独死をされて死後三か月程度経過しており、警察が来て実況見分をしたはいいもののそれから放置されてどうしていいかわからない方からのご連絡も頂きました。   その際も大家さんに掛け合い様々な面でご協力させて頂き、無条件にて退去できるようになりました。   ただ弊社としてはそれを未然に防ぐのが最大の目的です。   今の日本を取り巻く環境は多様化している反面非常に希薄にもなってきています。   そんな中でやはり希薄な人間性が生んでしまう「孤独死」もありますし、現状のコロナ禍の状況人と接する事を躊躇してしまう事も多々あるのは致し方ありません。   そんな状況だからこそ誰にも何も悟られることなく、孤独死を迎えてしまう事は絶対に避けなければなりません!   今のこの状況だからこそ立ち上がりその様な状況に歯止めをかけなければなりません。   弊社としてはこの記事の神主様の”仕事”を減らすことが目的です。   この神主様も同じことを考えていると思います。   こんな時代だからこそ建ち上がって食い止めなければいけないと改めて実感しました。   孤独死を弔い続ける神主が危ぶむ「強烈な孤立」  https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f29ccf53701172286362016e9aa8d0291d7a2a     #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居
2020.8.21 | スタッフブログ
ワクチン接種
高齢者を優先   これは嬉しい発表ですね。   コロナのワクチンが出来上がったら医療従事者様と高齢者を優先にして頂けるのは本当に有難い事です。   現状いつワクチンが出来るか全くわからない状況ですが出来上がった際の順番がこの時点で決まってくれると高齢者の方も非常に安心されるかと思います。   現状やはり高齢者の方が感染してしまったら本当に生命に直結してしまう事も十分考えられますし、私の両親とかも感染に関しては本当に気を付けて生活してくれていますし、利用者様も皆様非常に気を付けてくれておりますし、弊社としてもお伺いする際にはマスクの着用は勿論お邪魔する前にアルコール消毒の徹底もしており、細心の注意を払っております。   それでもいつ感染するかわからないウイルスなので検温、アルコール消毒の徹底等出来る事は全てさせて頂いております。   医療従事者の方に関しても最前線で診察や診療をして頂いている方の為にもワクチン接種はマストな状況だと思います。   一日も早くワクチンが出来上がる事を本当に切に願ってます!       医療従事者や高齢者を優先 ワクチン接種で合意、対策分科会 8/21(金) 13:17配信  https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2e84154bafd7c5998aa807a48ee321e7645358     #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居
2020.8.12 | スタッフブログ
クーラーを付けて下さい
昨日も各所で40度超えを記録するほどの危険な暑さですね。   昨日は事前に予定していた利用者の方の御自宅にお伺いさせて頂き、一緒に銀行に行く予定でしたが、御自宅に入った時には既に蒸し風呂状態の暑さになっており、準備している間に即クーラーを付けました!   なんでも「クーラーを付けるほどの厚さではないし、電気代が勿体ない!」との事でしたが、我々でも十分に暑いのに高齢者の方の体にいいわけもないですし、万が一の事すら考えてしまいます。   電気代が勿体ないのはわかりますが、この暑さで数百円の節約生活して万が一の際があった時にはそれでは済まされないと思います・・・   一緒に銀行に行ってから念の為病院に行ったら案の定「軽い熱中症」との診断を受けましたのでしっかりとクーラーをつけた御自宅に送らせて頂きました。   この時期は熱中症の危険がかなり高いので弊社もかなり巡回をしておりますので、ご想像の通りお盆休みは頂いておりませんのでお気軽に御相談下さい。     危険な暑さ 12日も警戒 関東全域に「熱中症アラート」 8/12(水) 6:27配信    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ca6d51c672029353e36ddfc62de9982695e4f30     #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居
2020.8.3 | スタッフブログ
折角の大型連休ですが・・・
お盆期間に関わらず今は人の移動に関しては様々な事を考えながら行動していると思いますが、私も先日父親から「今年は横浜からは帰ってこないで欲しい!」としっかり言われました。   どう考えても今の時期子供を連れて帰省はまずありえないので先日一人で車に乗り込み実家の愛知県にお墓参りだけしてきました。   お盆の帰省に関しては通常通り帰省して、どこかに泊まってっていうのは今はお互いの為にも避けておいた方がいいと思いますが、お墓参りであれば誰に会う事もなく出来る事だと思います。   個人的にお墓参りに関しては年末年始とお盆の時期は必ず行く事にしており、自分自身のルーツである先祖様に手を合わせる事は大切だと思っております。   私はこう見えて(どう見えているか不明ですが・・・笑)神社仏閣巡りが大好きで、年明けは高野山に行き、三峯神社、箱根神社、九頭龍神社、日光東照宮、鶴岡八幡宮等関東近辺には定期的に行っております。   お盆の帰省は現状厳しい時期ではあるけれどもお墓参り等出来る範囲でやれる事はやってもいいのではと思います。   お盆帰省、一律自粛ではない 「専門家の意見聞く」 菅官房長官 8/3(月) 12:37配信    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ea59d708da0a1753deb40fadbd55f3b6f17e2b3     #一般社団法人 #あなたの身寄りプラス+ #見守り #見守りサービス #高齢者 #死後事務契約 #任意後見契約 #セコムの見守りサービス #ブログ #横浜市 #独居  #帰省 #お盆休み #自粛
2020.7.27 | スタッフブログ
住宅ローンの返済にお困りの方
老後資金減少の要因   老後資金2000万円問題と言われる中での下記内容のお話。   これは本当に現実問題として非常に多くの方が苦しまれていると思います。   私の経験上住宅ローンの返済は「79歳11ヶ月」までで逆算して住宅ローンは組めますが、現実的に65歳で退職されてからも約15年間は住宅ローンを支払っていかなければなりません。   そんな原資はどこにあるのでしょうか?   多くの方が退職金を住宅ローンの完済に充てておりますが退職金が想像以上に出ない方は勿論多くいますし、出ると言われていた退職金が出ない事も多々あります。   今のコロナ禍の状況では今まで以上に多く出てくると思います。   この様な状況の方は実は意外と多く存在していますし、実際もう住宅ローンを支払っていけないからどうしていいかわからないと弊社の「リースバックdeゼロバック」にお問い合わせ頂く事も多くあります。   弊社の「リースバックdeゼロバック」に御加入頂いた方は今後は住宅ローンの返済は勿論、都市計画税、固定資産税等の支払いも無くなりますし、御自宅にかかる修繕費用も不要になります。   現実問題として住宅ローンの返済にお困りの方からのお問い合わせも非常に増えておりますがその際にはまず弊社関連会社の「株式会社アイ.エステート リースバック革命」にて承る場合もございますのでご理解の程お願い致します。     退職金2000万円が爆速で減少!59歳「老後破綻予備軍」のローン爆弾 https://news.yahoo.co.jp/articles/ef83a90b949a70ea977480ed3ab0987d317a8dc3 7/27(月) 6:01配信   
2020.7.24 | スタッフブログ
世間は大型連休ですが・・・
  弊社は勿論営業しております(笑)   昨日朝から横須賀、名古屋、三重県津市、滋賀県大津市、そして今現在は横浜に至ります。   弊社のご利用者様の範囲に関しては当ホームページにも記載させて頂いておりますが、弊社のご利用者様のご親族様等が遠方の場合の場合は必要と判断した際にはどこへでも駆け付けます。   横須賀に関しては勿論エリア内ですので普通にご面談をさせて頂き、その足でご利用者様の親族の方がお住まいになられている名古屋に行ってきました。   名古屋のご親族様に関しては現在弊社のご利用を考えて頂いている方の息子様がお住まいになっており、その方と名古屋と言えば「コメダ珈琲」にてお話をさせて頂きました。   非常に御理解のある方で「私が名古屋にいるので御社のサービスは助かります」とお声頂けましたので、明日利用者様に内容をご説明させて頂きます。   ただ毎回毎回この様な柔軟なご対応頂ける方もいらっしゃればそうではない方も勿論いらっしゃいます。   滋賀の方に関しては開口一番「勝手に親の資産を探らないで欲しいし、ほっとして欲しい。最期の時が来たら私に遺産が来るのだからそれまではほっといてくれ」と言われました。   正直その方としては弊社に財産を取られると勘違いをされておりながらも御自身は親の介護には一切興味が無く、親御様の「遺産」にしか興味が無いと言う趣旨の悲しい事を言われました。   実際にその様な事はよくあります。   弊社も御子息様にお話しをしないと言う感じであればそのような事は無いのですが、ご利用者様は勿論、御子息様にも御理解頂きたいのでそこまでやらせて頂いております。   死後事務契約(遺言)に関して作成しておりますと本当に各家庭のそれまでの関係性等も見えてきます。   そこに関してはご依頼いただかない限りは無理に修復を試みたり、ご親族にお会いする事もありませんが、ご依頼いただいた場合には適宜行わせて頂きます。
2020.7.18 | スタッフブログ
老々介護6割・・・
老々介護は65歳以上同士が過去最高の59.7%にうち75歳以上同士の割合も33.1%・・・   正直非常に衝撃的な数字だと思いますが、我々から見ると「そうでしょうね・・・」と言える数字だととらえるのが本音です。   良くケアマネージャーさんや介護福祉士さんと散歩していたり、車いすを押してもらっている方なんかは現場を観ている我々として凄く幸せな方だと思ってしまいます。   ケアマネージャーさんなり、介護福祉士の方や親族の方に見て頂いている方は実際問題としてそこまで手配が出来る方だったり、周囲にそういう事をやってくれる方がいる事で日々の生活補助がある方だと思いますが、実際に我が家の前に住んでおられる方は既に80歳を超えており、御主人様はほぼ寝たきりで、奥様が介護をされております。   その様な状況でもケアマネージャーが来ているのは見たことは無いですし、たまに訪問医療の方が来てはいますが、日々の介護は奥様がされています。   その状況と言うのはお子様がいらっしゃらないご夫婦だったり、いたとしても遠方にいて「親族に迷惑を掛けたくない」と思われている方が大半だと思います。   弊社が実際にお伺いさせて頂く独居の高齢者の方でも、実際に遠方に親族が住んではいるものの現実的には何も出来ない、しない方が非常に多く見受けられます。   親として子供に面倒を見てもらう事への抵抗だったり、心配かけたくないと言う気持ちからそのような事に陥っている方が大半だと思いますが、弊社はその様な状況の方なんかも実際に利用者さんが神奈川県に住まれており、息子様が関西地方にいらっしゃいましたがそこまで行きご説明させて頂いたりもしております。   利用者さんは「息子には迷惑をかけたくない・・・」とは言ったものの実際に息子様に伺ったの内容は全く違っていました。   親子だからこそ色んな感情があり、時間はかかりましたがお互いの勘違いや、言い回しの誤解も解けましたが、その様な状況を拝見させて頂く事で老老介護にならざるを得ない状況をお互いに作ってしまっている事も多く感じます。     「老老介護」6割迫る 19年国民生活基礎調査 厚労省 7/17(金) 17:05配信  https://news.yahoo.co.jp/articles/75988e8c6d450f3cf3dbb388cae6618d6f27b1f0